黒川温泉 いこい旅館

黒川温泉 いこい旅館



いこい旅館

昔懐かしい味わいと多彩な美人湯がこころにしみるふるさとの宿

TEL:0967-44-0552
住所:阿蘇郡南小国町大字満願寺6548

入り口にある囲炉裏の前にはいつも人が集まっている。誰でもすんなりとうけいれてくれるふるさとのような温かい雰囲気が魅力の民芸調の宿。ここでは美人湯とよばれる女性用露天風呂など14のお風呂が楽しめる

アクセス 九州自動車道・熊本ICより90分。大分自動車道・日田ICより60分。黒川温泉バス停より徒歩4分。
福岡:
車/九州自動車道から大分道へ〜日田IC〜60分

パーキング 有り(無料)

黒川温泉 きらら

黒川温泉 きらら



やすらぎの夢別荘 黒川温泉 きらら

阿蘇の自然に抱かれた充実施設の温泉付き別荘は贅沢な佇まい!

TEL :0967(44)0145
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺西黒川6492

全15棟は、それぞれ広さやしつらえが異なるが、どの棟も高い天井に、大きな窓、充実設備に温泉を備えている。黒川温泉街まで、車で2分と露天巡りにも好立地。夏は、バーベキュー、冬は鍋で楽しもう!

アクセス 大分道日田IC50分。
福岡:
車/九州自動車道〜大分自動車道〜日田IC〜212号線で60分


パーキング 有り(無料)

黒川温泉 奥湯(奥の湯)

黒川温泉 奥湯(奥の湯)

http://www.okunoyu.com/index.html

TEL: 0967(44)-0021
住所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉

『奥の湯』は、黒川温泉街から少し離れた筑後川の源流沿いにある。敷地は2000坪もあり、本館、新館、離れ「竹林別館」の他に温水プールまで備えている。 風呂の種類も、貸切(家族)風呂以外に、混浴の露天風呂、洞窟風呂、川風呂(ほとんど筑後川と境目がないぐらい間近だ)など、魅力的な湯が揃っているので、女性でもちょっと勇気を出して混浴に挑戦してみてはいかがでしょうか(20:00〜22:00の2時間のみ女性専用になるので、どうしても・・・という人はその時間にご利用を)。 源泉を豊富に持つ『奥の湯』は、自然の真ん中で源泉と山里ならではの料理を充分に楽しめる黒川温泉きっての人気宿となっている。 本館の客室はファミリーや女性グループ。新館の露天風呂付き客室はお忍び旅行に最適。離れの竹林別館は旅なれた大人向けの仕様となっている。 さまざまな年齢層の客に対して、それぞれ満足できる宿造りは見事だ。まさに奥の深い『奥の湯』。

黒川温泉 黒川荘

黒川温泉 黒川荘

http://www.kurokawaso.com/

一度は泊まりたい離れの部屋

TEL :0967-44-0211
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6775

交通 JR豊肥本線阿蘇駅から九州産交バス杖立温泉行きで45分、ゆうステーションで九州産交バス黒川温泉行きに乗り換え30分、終点下車、徒歩7分
交通(車の場合) 大分自動車道日田ICから約45km
営業期間・時間 通年 8:30〜20:30(食事付入浴は11:30〜14:30、17:00〜21:00)
休業日 不定休
料金 入浴料:500円/入浴(食事付、要予約):3500円〜/
駐車場 30台

黒川温泉 優彩

黒川温泉 優彩



湯峡の響き 優彩

喧騒を離れ、温泉の醍醐味を存分に味わう癒しの宿

TEL :0967(44)0111
住所:阿蘇郡南小国町満願寺北黒川6554

2000年8月に優雅にリニューアルオープンしたリゾート仕様旅館。入湯手形でも利用できる「やわらぎの湯場」他、宿泊者専用の「まほろばの湯場」や貸切風呂も充実。非日常の贅沢なやすらぎのひとときを。

アクセス 福岡:
      電車/JR熊本駅下車、車で90分。JR日田駅下車、車で60分
      車/九州自動車道から大分自動車道へ〜日田IC〜国道212号から
        442号経由で60分


パーキング 有り(無料)

黒川温泉 山みず木

黒川温泉 山みず木

http://www.yamamizuki.com/

女性露天風呂を結ぶ「裸の散歩道」の開放感

TEL 0967-44-0336 
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6392-2

温泉街から少し離れた山あいに位置する静かな宿。露天風呂は女性専用が2つと混浴が1つ。どれもすぐそばを流れる川のせせらぎが心地よく響いてくる。森の中の温泉みたいでリラクゼーション効果も期待大。裸で散歩道を奥へ進むと、もうひとつの露天風呂に行ける。大自然に抱かれる心地よさを存分に味わって。

アクセス : 電車:JR豊肥本線熊本駅より阿蘇方面車2時間 車:大分道日田IC
      よりR212、R442経由1時間
営業時間 : 8時30分〜21時(受付〜20時30分)
休業日  : 不定
入場料  : なし
料金   : 入浴料500円(小学生300円)
駐車場  : あり(無料)30台
バスタオル : あり(2000円)
タオル  : あり(400円)
バスタオル&タオル : なし
ドライヤー : あり(無料)
シャワー : あり
カラン  : あり(お湯)
シャンプー: なし
シャンプー&リンス : あり(無料)
ボディシャンプー : あり(無料)
休憩所 : なし

黒川温泉の泉質、効能

黒川温泉の泉質、効能に関して

 ●泉質
    ・硫黄泉
    ・ナトリウム塩化物泉
・硫酸塩泉

●効能
・一般的適応症
・やけど・切り傷
    ・慢性皮膚病
    ・慢性婦人病
    ・動脈硬化症
    ・高血圧症
    ・慢性消化器病

黒川温泉へのアクセス

黒川温泉(熊本)のある南小国町は北部九州の中心部に位置しています。
阿蘇郡内の山間部ですので、決して交通の便がいいとはいえません。
特にたくさんの観光スポットやお店を回ろうと思うと、車(レンタカー)が便利です。公共の交通機関をご利用の場合は、あらかじめ、時間を調べてでかけたほうがよい。

車の場合・・・

【時間の目安】
 福岡市より(日田インター利用)・・・・・・・・・・・・2時間30分
 久留米より(日田インター利用)・・・・・・・・・・・・2時間
 熊本インターより・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1時間30分
 別府より(湯布院インター、やまなみハイウェイ利用)・・1時間30分
 日田インターより・・・・・・・・・・・・・・・ 1時間
【ルート】
  最寄のIC⇒国道212号線(日田〜阿蘇間)⇒国道57号線(熊本=阿蘇間)
  ⇒やまなみハイウェイ(湯布院〜阿蘇間)

バスの場合・・・

・福岡方面より(天神・福岡空港経由も有り)
 博多駅⇒(西鉄高速バス・杖立温泉行き)⇒杖立温泉⇒小国ゆうステーション
 博多駅⇒(西鉄高速バス・日田駅行き)⇒日田駅⇒杖立温泉⇒小国ゆうステーション
・熊本方面より(交通センター・熊本空港経由)
 熊本駅⇒(九州産交・杖立温泉行き)⇒熊本空港⇒小国ゆうステーション
 熊本駅⇒(九州横断観光バス・別府行き)⇒熊本空港⇒瀬の本
・長崎方面より
 長崎駅⇒(九州横断観光バス・別府行き)⇒瀬の本
・佐賀方面より
 熊本駅・日田駅経由で熊本・大分方面のルートをご参照ください。
・鹿児島方面より
 熊本駅経由で熊本方面のルートをご参照ください。
・宮崎方面より
 別府駅経由で大分方面のルートをご参照ください。
・大分方面より
 別府駅または由布院駅⇒(九州横断観光バス・長崎行き)⇒瀬の本

電車の場合・・・

・福岡方面より(鹿児島本線から久大線経由)
 博多駅⇒(JR)⇒日田駅⇒(バス)⇒杖立温泉⇒(バス)⇒小国ゆうステーション
・熊本方面より(豊肥本線)
 熊本駅⇒(JR)⇒阿蘇駅⇒(九州産交・杖立温泉行き)⇒小国ゆうステーション
 熊本駅⇒(JR)⇒阿蘇駅または宮地駅⇒(九州横断観光バス)⇒瀬の本
・長崎・佐賀方面より
 日田駅・熊本駅経由で大分・熊本のルートをご参照ください。
・鹿児島方面より
 熊本駅経由で熊本のルートをご参照ください。
・宮崎方面より(日豊本線)
 宮崎駅⇒(JR)⇒別府駅⇒(九州横断観光バス・長崎行き)⇒瀬の本
・大分方面より   バスをご利用ください。

飛行機の場合・・・

・福岡空港より
 バスにて日田で乗り換え(杖立温泉直行も有)
 バスにて杖立温泉で乗り換えが必要になります。
・熊本空港より
 熊本空港⇒(九州横断観光バス)⇒瀬の本

温泉 黒川

春のうららの山手線「ヨドバシカメラ」 黒川温泉
北陸方面の夜行バス駅探ビジネスホテル黒川温泉カタログ韓国のイメージって中古車の気 JR JR時刻表 JR西日本http://ameblo.jp/kokoro7jp/entry-10062408263.html 黒川温泉のドン後藤哲也の「再生」の法則開業医のための経営コンサル www.hdrsc.net 成功 ...(続きを読む)



黒川温泉-熱いお湯は苦手なんですが
・・・人に付き合って黒川温泉に行くことになってしまいました。実は、私は温泉というかお風呂は大して好きじゃなくて一年中シャワーで十分という人間です。特に熱いお湯は大の苦手です。ネットに「黒川温泉はお湯が熱い」と書いて....(続きを読む)


黒川温泉について
・・・1月6日頃に黒川温泉行く予定です。知人に聞いた情報では、その時期は黒川温泉辺りは雪が降ると聞いたのですが本当でしょうか?また、スタットレルタイヤは必要でしょうか?....(続きを読む)



湯布院 別府 黒川温泉
商品価格:840円
レビュー平均:4.0

黒川温泉 離れ

黒川温泉 こうの湯 の口コミ
黒川温泉にある「こうの湯」を紹介します。 「和」と「洋」が混合されている、特産品でもある山菜をベースとした創作料理も「こうの湯」の自慢の一つです。旅館には、専用露天風呂がありゆっくりと入れる贅沢さも兼ね備えています。また、平屋の離れを ...(続きを読む)



九州黒川温泉の宿「のし湯」
・・・来週末、黒川温泉に一泊旅行に行く予定です。現在、宿を2軒おさえていて、どちらにしようか迷っています。「黒川荘」(母屋)と「のし湯」の離れをおさえてあります。「のし湯」の離れはあたらしくできた部屋を予約....(続きを読む)


高知〜黒川温泉どう行けば?
・・・)JRで湯布院まで行き、温泉までレンタカー(3)マイカーで松山観光港に行き、フェリーで別府港着後、マイカー移動。(4)マイカーで八幡港に行き、フェリーで別府港着後、マイカー移動。という感じです。特に黒川温泉以外は観光する予定はあり....(続きを読む)